■ 胃酸過多が招く、胃痛と逆流性食道炎

逆流性食道炎とは、胃酸の過剰分泌で胃液や胃の内容物などが食道に逆流することにより、食道の粘膜が荒れて炎症が起こる病気です。

胃液には、胃酸という食物を消化するための強い酸が含まれています。
胃酸が食道に逆流すると、粘膜の炎症が起きます。

★ 十全治療院で逆流性食道炎の症状が解消された、
患者さんの直筆の声をご覧ください。(このページ下へ)


■ 逆流性食道炎の原因

(1) 胃酸の過剰分泌 胃酸過多(ストレス、暴飲暴食、飲酒)

(2) 下部食道括約筋の機能低下
 (食道と胃のつなぎ目にあり、胃から食道への逆流を防ぐ働きをする筋肉)

(3) 噴門の機能不全
 (胃と食道の境目にあり、胃液が逆流しないように閉まっている)

(4) 食道裂孔ヘルニア (噴門が閉じなくなる(3)の原因)

(5) 腹圧の上昇 (妊娠、肥満、便秘による)


■ 胃痛と逆流性食道炎の治療方法

逆流性食道炎の薬を服用していても、症状を抑えているだけの対症療法にしか過ぎません。
だらだらと、薬を飲み続けることになるだけです。

辛い症状が解消するためには、その根本原因を解決するのが一番の近道です。

人間の体は、故障や体調不良の不都合が起きても、自力で修復する力が備わっています。

これが十分に働くようにしてあげれば、お悩みの胃酸逆流・胃酸逆流の症状も自然に消滅するのです。

★ 自然治癒力を発揮させるための、首の矯正

上部頸椎矯正の首の一点矯正は、自力で修復する力を引き出すためです。

その理由は、頸椎の一ヶ所のずれが中を通っている脊髄神経を大きく圧迫しているのが、いつまでも逆流性食道炎が治らないでいる原因だからです。

自然治癒力は、脳からの指令により脊髄神経を経由して全身の神経ネットワークにつながっているのです。

上部頸椎への矯正は、脊髄神経の通りを良くするのが目的です。
脊髄神経の流れがよくなると全身が快方に向かい、首こり肩こりや頭痛不眠症なども良くなります。

上部頸椎の一点矯正は全身につながっていて、胃だけではないのです。
症状を何とか消そうする目的のための施術ではありません。健康という結果は、後からついてきます。

自分の体の異常を脳でキャッチして、それに見合う治すための指令を脳から伝達して、自力で修復するシステムが働くから自然に自力で処置をするのです。

効果が全身に及ぶ証として、顔のゆがみ矯正症例写真足指ゆがみ矯正症例写真をご覧ください。


■ 噴門が閉じることが、逆流性食道炎 治療の第一歩です。

食道は、胃の噴門へと繋がっています。
横隔膜には、食道が通っている食道裂孔という隙間があります。

この横隔膜が正しい位置に矯正されれば、胃や食道への横隔膜からの圧迫も軽減して、噴門の異常も自力で改善できるのです。

噴門が閉じれば、食道への胃酸逆流が停止して胃食道逆流症が改善されます。 食道潰瘍や食道炎が治まり、逆流性胃腸炎の原因を断つことができます。

横隔膜へ通じている、横隔神経が流れている首の骨の頚椎4番のひずみが解消されると、横隔膜のゆがみが矯正されます。

これにより、食道裂孔の周辺の横隔膜の筋肉の緊張がなくなり、噴門が閉じるという仕組みです。

これも、上部頚椎矯正により脊髄神経の圧迫がなくなれば、脳からの指令により、横隔膜の歪みが自動的に矯正されるからなのです。


■ 胃痛改善のために大切なことは、唾液分泌

食べ物が口の中に入った瞬間から、消化吸収の第一段階です。
ここでつまづいて、消化液である唾液が不十分な状態で、食べ物を噛み砕いて胃に送っていると、胃腸はそれを補おうとして余分に働かねばなりません。

唾液が唾液分泌量は成人で1日あたり1.5リットルと言われています。
これは1日のお小水とほぼ同じくらいの量を分泌していることになります。
唾液分泌量と成分が消化作用の大切な役割を担っています。

ここのところでバランスがくるうと、唾液成分の分泌異常が胃にも負担をかけて胃の病気である、胃酸過多や逆流性食道炎になりやすくなります。
すべてが関連しあっているのが私たちの体です。

唾液の中には消化酵素として澱粉(デンプン)を分解するアミラ-ゼ、脂質を分解するリパ-ゼ、糖を分解するプチアリンなどの消化酵素も含まれていますから、消化吸収には重要な役目を唾液は担っているのです。

8種類の唾液腺は、口の周囲に存在しています。
(耳下腺・顎下腺・舌下腺・口唇腺・頬腺・舌腺・口蓋腺・洗浄腺の8つ)

顎関節症で唇のゆがみがあると唾液腺が正常には働いていないと考えるべきで、逆流性食道炎の症状で悩んでいらっしゃる方は顔のゆがみを確認してみるべきです。


■ 逆流性食道炎の症状

(1) 胸やけ (食後に胸に熱いものがこみあげてくるような感じがする)

(2) 嚥下障害(えんげしょうがい)、食道がつまった感じで食物を飲みこみにくい。

(3) 酸っぱいものや苦いもの液体が口まで上がってきておくび(げっぷ)が出る「呑酸(どんさん)」

(4) みぞおちのあたりが痛む

(5) 胸に締め付けられるような痛みを感じる胸部痛

(5) 就寝中や前屈姿勢になったときに喉や口に胃酸が逆流する

(6) 甘い物が食べられなくなる

(7) 咳き込む

(8) 逆流性食道炎 口臭


■ 直筆 十全治療院 患者さんの声

「今では辛かった日々が嘘の様に、スッキリしています」

いとう ゆき 様

初回診療日:     2010年(平成22年)11月9日

主な自覚症状:  胃下垂・逆流性食道炎

約6年前から、ずっと胃の調子の悪さに悩まされ続けてきしました。

病院で処方された薬をずっと飲み続けてきましたが、それでも良くなったり悪くなったりを数ヶ月単位で繰り返す日々でした。

胃カメラを飲んでも、バリウム検査をしても特に異常は認められず、「胃下垂」と言われるだけ。

実際、いつもかなり胃が下がっている感じがしていて、それも辛く、これが治せれば良いのかもと思うようになりました。

インターネットで「十全治療院」を見つけ、カイロプラクティックと胃がどう結びつくのか不思議でしたが、とにかく治療を受けてみることにしました。

どんな痛い事をするのかと、多少不安に思っていましたが、私の場合、初回に頸椎の位置を一瞬で動かしていただいただけで、(痛みも全くなく)2回目からは毎回マグネットをつけていただいて、休むだけ。

それでも回を追う毎にどんどん体調が良くなっていき、夜も驚く程ぐっすりと眠れ、今では辛かった日々が嘘の様に、スッキリしています。

思い切って来てみて、本当に良かったと思っています。

十全治療院 胃下垂と逆流性食道炎症状 患者さんの声

十全治療院 院長 福田 正一 院長 福田 正一から、いとう ゆき 様への一言

上部頚椎の矯正は、脳からの指令を妨害している脊髄への圧迫を取り除くことが目的なのです。

もともと我々には、自然治癒力というものが備わっているわけですから、これも脳からの指令によって患部へ運ばれることになり、いとう ゆき 様のように胃下垂を伴った胃の不快感もご自身の力で解消してしまうのです。

詳しくは、胃下垂についてのページをご参照いただければ幸いです。

同時に、不眠症の改善がなされるのも、上部頚椎の矯正効果の一部であり、自律神経の働きである交感神経と副交感神経のバランスが整うからなのです。

上部頚椎矯正方法は2種類あり、首の骨を手で直接矯正する方法と、手や足にマグネットを一ヶ所貼って磁気の作用で間接的に上部頚椎を矯正する方法があります。

上部頚椎矯正後の状態を維持することにより、治り続けるということになり大切なことなのです。

あいにく、上部頚椎は放置しておくと元の状態に戻ることになり、放置してはおけませんので微調整をして、矯正後の状態を維持しながら最良の状態に導きます。

このマグネットの矯正方法は、骨を手で力を加えることではありませんから、お子さんでも(乳幼児でも)安心して施術をお受けになれます。

なお、マグネットを使ってSkypeのテレビ電話を利用しての遠隔治療も可能です。

 
     
 
逆流性食道炎の分かりやすいイラスト