おなかの調子を崩す、過敏性大腸症候群

ストレスがかかると、おなかの調子を崩す人は多く、 朝の通勤時や通学時に腹痛が起きる過敏性腸症候群で悩む人は、人口の10~15%にのぼるといわれ、消化器内科を受診する患者の約半数が、過敏性腸症候群だという報告もあるそうです。

レントゲンや内視鏡、便の検査をしてみても、何の異常も見られないのに、症状だけが続き、 常にお腹の調子が気になってトイレに行けないような場所ではプレッシャーを感じてしまいます。

脳で感じたストレスは自律神経を介して腸を刺激して、腸の蠕動(ぜんどう)運動異常が生じて下痢や便秘そして腹痛が発症するのを脳腸相関と呼ばれています。これが、ストレスと腸の調子に関係がある所以です。

逆の場合は、腸の不調が脳へのストレスを引き起こして、精神不安や緊張そして抑うつなどを招くこともあります。

過敏性腸症候群の症状は、腹痛や腹部の不快感を繰り返して、排便後は症状が治まりやすく、男性は下痢をする人が多くて、女性の場合は便秘になる人が多く下痢と便秘を交互に繰り返す交替型もあります。

腸内の内容物を押し出すための大腸の蠕動運動の過剰になったのが下痢です。

一般的な便秘は、逆に腸の蠕動運動が弱まって起こる弛緩性便秘がほとんどで、便が太くなる傾向です。

腸そのものだけではなく、「体全体のバランスが整うことにより下痢や便秘も自然に癒されてゆく」、このような全人的な癒しを叶えるのが、上部頸椎カイロプラクティックなのです。

消化吸収から排泄までの体のメカニズムは、摂食しようとするイメージが湧いた時から、脳からの指令により唾液分泌が始まった時から消化吸収の準備が始まっています。

成人で一日当たり1~1.5リットルもの唾液が分泌されていますから、この質と量次第で消化吸収のパターンも異常になり、胃から腸に至るまでの消化管運動にも支障を来し胃 消化不良になるのです。

上部頸椎への矯正は、このような消化吸収の要でもある唾液分泌や自律神経のバランスを整えるのにも貢献しますから、過敏性大腸症候群にも有効なのです。

自律神経の乱れが、過敏性大腸症候群を引き起こします。

 
     
 
脊髄から枝分かれして、胃へ向って流れている神経
胃もたれを招く、唾液腺からの唾液分泌不全