足指のゆがみ改善の様子で上部頚椎カイロプラクティックによる自己治癒力の効果を確認できます。

良くなればなるほど体のゆがみが改善されることの証左として、上部頚椎矯正前と矯正後の足指のゆがみの差を確認して、自然治癒力の働きを認識していただきたいと思います。

人体の骨格を構成している約206個の骨の全部が、上部頚椎矯正後に脳からの指令により定位置に向かい始めますから、比較的に目で見てわかりやすい顔のゆがみ足指のゆがみが効果の確認にちょうどいいのです。

足の骨は28個の骨が集合して成り立っていて、足底においては縦と横のアーチを形成し、着地時の衝撃吸収のためのクッションとして、なおかつ足を蹴り出す時のバネの役割を果たしています。

足の親指のつけ根と小指のつけ根、そしてかかとの3点で全ての体重を支える役目を果たし、その3点のアーチを結ぶラインがアーチ状の構造をしています。

このアーチ状の構造が地面から受ける衝撃を吸収する役目を果たしているわけですが、現代人は運動不足が原因なのかもしれませんが、足底の筋肉も弱くなっていて十分な足のアーチが崩れてしまっているのです。

足の横アーチが不足していると、足の甲が平らになる開張足を招き、結果として地面からの衝撃に体が敏感に反応するために、体重がかかるところの足裏の皮膚の角質が厚くなってタコやウオノメができやすくなります。

開張足の状態のままで合わない靴を履き続けていると、親指や小指に力が加わり続けて外反母趾や内反小指、そしてハンマートゥを招いてしまうのです。

歩く時には骨盤にある凹んで臼状の関節窩の中を股関節の球状の関節頭が回転することにより足を運んで歩いていますから、足指のゆがみの一番の原因は、足の付け根である股関節の位置からくるいが起きていて、フットバランスもくるって足の運び方にも異変が起きてしまっていることなのです。

ゆがんでいる部分自体を矯正するのは関心しませんが、上記のように結果として生じているゆがみの原因は、様々なことから発生しているわけですから、患部への施術はナンセンスであり関心いたしません。

自然治癒の現象は、傷が癒えてゆくのと同じように意識では捉えにくいものですから、体のゆがみ改善の差を見比べたり、あるいは関節の可動域などの動作確認で比べれば、快方に向かっていることの確信につながってまいります。

しかも自然治癒は、ごく当たり前の状態に戻ることだけで、特別なことではありませんから、振り返ってみてはじめてその変化に気づくという現象です。

体のゆがみを取り去ることのみが、上部頚椎カイロプラクティックの目的ではありません。

本来、誰にでも備わっている筈の自己治癒力を引き出すことが目的であり、そのための上部頚椎のサブラクセーションを取り除くアジャストメント(矯正)なのです。

自然治癒力の働きにより体が快方に向かうに伴って本来の健康を取り戻してまいりますが、骨格のゆがみ改善もその一部分にしか過ぎないのです。

骨盤や足には一切手を触れることなく、上部頚椎カイロプラクティックの自然治癒力・整体作用により、足指のゆがみが解消されるだけではなく、本来の健康を取り戻せるようになるのです。

歩き方姿勢から、足指のゆがみが発生します。

     

H20年 3月 18日
STさん 足指ゆがみ治療前

(画像クリックで拡大図参照)

 

H20年 3月 18日
STさん 足指ゆがみ治療後

(画像クリックで拡大図参照)

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

     

H21年 4月 9日
WKさん 足指ゆがみ治療前

(画像クリックで拡大図参照)

 

H21年 4月 9日
WKさん 足指ゆがみ治療後

(画像クリックで拡大図参照)

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

     

H20年4月 13日
IEさん ハンマートゥ治療前

(画像クリックで拡大図参照)

 

H20年 4月 13日
IEさん ハンマートゥ治療後

(画像クリックで拡大図参照)

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

     

H20年 6月 10日
URさん 足指ゆがみ治療前

(画像クリックで拡大図参照)

 

H20年 6月 10日
URさん 足指ゆがみ治療後

(画像クリックで拡大図参照)

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

     

H20年 8月 22日
IYさん 足指ゆがみ治療前

(画像クリックで拡大図参照)

 

H20年 8月 22日
IYさん 足指ゆがみ治療後

(画像クリックで拡大図参照)

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)