上部頚椎の矯正効果は、顔のゆがみ改善となって表れます。

体調不良に陥っているほど体のゆがみが増大し、それに比例して15種23個の骨の集合体である頭蓋骨もいびつになり顔のゆがみとなって表れます。

上部頸椎の矯正により体のゆがみが正されるのと並行して、頭蓋骨のゆがみも自動的に矯正されてまいります。

顔の表情は、一つの健康度のバロメーターにもなりますから、顔の筋肉である表情筋が自由に動かないために表情が固くなったり、笑顔も自然ではなくなったりと、顔のゆがみが及ぼす影響はマイナス面も大きいのです。

良くなればなるほど体のゆがみが改善されるという共通点がありますから、上部頚椎矯正前と矯正後のゆがみの差を目で見たり、あるいは動作の差で確認していただきたいと思います。

自然治癒の現象は、傷が癒えてゆくのと同じ感覚のように意識ではとらえにくいものになりますから、体のゆがみ改善の差を見比べたり、関節の可動域の動作確認などで比較すれば、快方に向かっていることの確信につながると思います。

しかも自然治癒は、特別なことではなくごく当たり前の状態に戻るだけのことであり、振り返って比べてみてはじめてその変化に気づくということが多いのです。

上部頚椎カイロプラクティックは、体のゆがみ改善のみの施術目的ではありません。

本来、誰にでも備わっている自然治癒力を引き出すことが目的であり、上部頚椎のサブラクセーションを取り除く為のアジャストメント(矯正)です。

自己治癒力の働きにより体が快方に向かうにつれて本来の健康を取り戻してゆきますが、骨格のゆがみ改善もその効果の一部分にしか過ぎないのです。

頭蓋骨や顔面には一切手を触れることなく上部頚椎カイロプラクティックの自然治癒力・整体作用により、顔のゆがみが解消されるだけではなく、健康になって元気な表情を取り戻せるようになってまいります。

二重まぶたの差、眼の大きさの左右差、唇のゆがみ(顎関節症の予備軍)等が左右対称に近づいてまいります。

矯正前と矯正後に確認していただくのは、目の大きさ、鼻のゆがみ、頬の脹らみ、唇のゆがみと唇のくすみ黒ずみ等の顔のゆがみチェック項目です。

あごの動きに対しても、左右の口の開閉の時間差、左右顎関節の動く距離の差、真直ぐな動きなのか ?、顎関節雑音がないか ?なども 矯正前と矯正後に確認いたしております。

顔色が悪いのは、顔のゆがみが原因かもしれません。

顔の歪み 治療前
顔の歪み 治療後
H23年8月1日 42歳
顔の歪み 治療前
 
H23年12月27日 42歳
顔の歪み 治療後

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

     
H15年2月28日 S君
顔のゆがみの矯正前
 
H16年2月26日 S君
顔のゆがみの矯正後

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

     
H14年4月2日 2歳
アトピー性皮膚炎と顔のゆがみの矯正前
 
H14年4月16日 2歳
アトピー性皮膚炎と顔のゆがみの矯正後

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

     
H15年2月18日 81歳
顔のゆがみの矯正前
 
H15年2月18日 81歳
顔のゆがみの矯正後

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

H18年7月19日 男性Aさん 
二重まぶたの矯正前
 
H18年7月19日 男性Aさん 
二重まぶたの矯正後

(※個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

 
   
 
表情筋のイラストの正面図です。
頭蓋骨の分解図です。