「胃の不定愁訴」と呼ばれ、分からないない部分がまだ多いと言われている、慢性胃炎。

慢性胃炎は、胃粘膜や胃液分泌腺(胃の腺細胞)が萎縮する病気で、修復されず進行していく胃粘膜の病気で萎縮とともに胃酸の分泌が減少し、特発性慢性胃炎と随伴性慢性胃炎(胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がん等と併発)の2つに分けられます。

◎ 慢性胃炎の原因

◇ 暴飲暴食

◇ 香辛料などの刺激物の取り過ぎ

◇ ヘリコバクター・ピロリ菌

◇ 胃粘膜の萎縮性変化

◇ 胃に刺激を与える薬物の服用

◎ 「胃の不定愁訴」と呼ばれている慢性胃炎

※ 慢性胃炎は胃酸過多が原因と考えられてきたのは、胃の中は強力な酸性のために胃の中は無菌であると信じられてきたからです。しかし、今日ではピロリ菌の感染が最大の原因と考えられています。

※ 慢性胃炎の診断は、血液検査(ペプシノーゲン法)とピロリ菌検査が有効だと言われています。

◎ 慢性胃炎の症状

胃の痛み

吐き気 

胃もたれ

食欲不振と倦怠感

◇ 上腹部不快感 (みぞおちの痛み)

◇ 膨満感(ぼうまんかん)

胸焼け

※自覚症状が出ないケースもあります。

※ 慢性胃炎と胃潰瘍は、自覚症状はかなり似かよっています。

胃粘膜や胃液分泌腺(胃の腺細胞)が萎縮するのを、上部頸椎の矯正により改善は可能ですが、ピロリ菌の除去は薬物処理に委ねないとならないでしょう。

不定愁訴の改善や体調不良の改善にも、上部頸椎カイロプラクティックは有効です。

胃のための施術を行うわけではありませんが、頭蓋骨ならびに顎関節の矯正効果により唾液の分泌から始まる消化吸収機能が高まることにより、その連鎖で胃酸の分泌も正常化されて慢性胃炎の改善をもたらします。

慢性胃炎対策は、上部頸椎カイロプラクティックの自然治癒力整体作用で !

>
 
     
 
慢性胃炎は、消化吸収の機能不全からくる
脊髄から枝分かれして、胃へ向って流れている神経
慢性胃炎になっている、胃のイラスト
胃もたれを招く、唾液腺からの唾液分泌不全